アムステルダム在住の日本人アーティスト、有川滋男によるインスタレーション作品「Red Eggs Were Risks for Introducing Terrible Errors.」
アムステルダム在住の日本人アーティスト、有川滋男によるインスタレーション作品「Red Eggs Were Risks for Introducing Terrible Errors.」
アムステルダム在住の日本人アーティスト、有川滋男によるインスタレーション作品「Red Eggs Were Risks for Introducing Terrible Errors.」
アムステルダム在住の日本人アーティスト、有川滋男によるインスタレーション作品「Red Eggs Were Risks for Introducing Terrible Errors.」
アムステルダム在住の日本人アーティスト、有川滋男によるインスタレーション作品「Red Eggs Were Risks for Introducing Terrible Errors.」
アムステルダム在住の日本人アーティスト、有川滋男によるインスタレーション作品「Red Eggs Were Risks for Introducing Terrible Errors.」
アムステルダム在住の日本人アーティスト、有川滋男によるインスタレーション作品「Red Eggs Were Risks for Introducing Terrible Errors.」
アムステルダム在住の日本人アーティスト、有川滋男によるインスタレーション作品「Red Eggs Were Risks for Introducing Terrible Errors.」

Red Eggs Were Risks for Introducing Terrible Errors.

2022
|MDF, ハードウッド, 3Dプリント (FFF), パラメトリックスピーカー
|330 x 23.3 x 26.5cm
|モノラルサウンド
|2'03'
不確実な情報にますます依存するようになった現代で、どのような信念によって人々は何かを現実や真実として受け入れているのでしょうか?セレブのゴシップから若者のトレンドまで、科学的報告から政治問題まで、幅広い情報が様々なチャンネルで同時に現れ、距離と時間の隔たりを簡単に越えてしまいます。

これらの情報が人々の認識や欲求を煽り、考え方を書き換えるようなエラーを引き起こす象徴として赤い卵の「レッドエッグ理論」「レッドエッグ主義」「レッドエッグ神話」「レッドエッグ症候群」「赤卵のカルト」を紹介します。
何かを信じるプロセスにおいて分析と判断がどのように機能するのでしょうか。(あるいは機能しないのでしょうか)